関西大学学術リポジトリ >

学内刊行物の登録について

関西大学の組織が発行する紀要等を関西大学学術リポジトリにて公開することができます。
紀要等の学内刊行物を巻号単位で発行元から継続して登録申請いただくことで、本学で生産された研究成果の効果的な発信に寄与します。

リポジトリ公開における許諾確認

リポジトリ公開における著者への許諾確認は、発行元でお願いします。 この登録手続きを簡略化するため、投稿要領に「コンテンツ登録にかかる許諾」について明記することをお勧めします。 ご参考までに、これまで投稿要領に明記された内容を一部紹介します。

● 著作権は著者に帰属、電子化してリポジトリ公開する権利を刊行元に許諾する場合
  • 本誌に掲載された論文の著作権は著者が有する。ただし、論文を電子化して二次利用する権利は、著者が●(発行元)に許諾したものとする。
  • 本誌に掲載された論文の著者は、その論文が関西大学学術リポジトリに登録されることを許諾したものとする。ただし、著者本人の事前の申し出により登録を辞退することができる。
● 著作権を刊行元に帰属させる場合
  • 本誌に掲載された論文の著作権は●(発行元)に帰属する。

登録手続き

初回申請時のみPDFファイルにあわせて投稿要領の写しをご提供ください。
次回以降は、PDFファイルのみをお送りください。
但し、投稿要領が改訂された場合は個別にご相談ください。
●  今後の刊行物
原則として、PDFファイルでのご提供をお願いします。提供方法の指定はありませんが、関大ファイル便やメール、学内便(記録媒体)、各機関ホームページからのダウンロード等の方法があります。
●  バックナンバー
原則として、PDFファイルでのご提供をお願いします。PDFファイルの提供ができない場合は、裁断可能な冊子を1部お送りいただければ、図書館事務室にて電子化します。

<提出先>
 学内便:図書館事務室学術リポジトリ担当宛
 メール:

公開

関西大学学術リポジトリに登録された論文は、リポジトリだけでなくJAIROおよびCiNii ArticlesやGoogle等の検索エンジンから検索できるようになります。

登録コンテンツの抹消・公開解除に関する手順

何らかの事情で抹消もしくは、公開解除の必要が生じた場合は、「関西大学学術リポジトリ 成果物等 抹消・公開解除 申請書」に必要事項を記入のうえ、図書館事務室学術リポジトリ担当宛に提出してください。
なお、公開停止の手続を行った後でも、公開停止の事由が解消した場合、リポジトリでの公開を再開することができます。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP