関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10054

タイトル: クリティカルシンキング論における主題特定性の意義
タイトル(その他言語/よみかな): Significance of Subject-specifity in Critical Thinking Theory
著者名: 小林, 祐也
著者の別表記: KOBAYASHI, Yuya
キーワード: クリティカルシンキング
主題特定性
一般性
領域固有性/Critical thinking
Subject-specifity
Generality
Domain-specificity
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年3月31日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 7
開始ページ: 105
終了ページ: 114
抄録: 本稿は,領域固有性,概念論,認識論の3つの視点にたった主題特定性の検討によって,主題特定性がクリティカルシンキングの第3のアプローチを見出す手掛かりになることを示した。エニスは,主題特定的なクリティカルシンキングがあると述べている。しかし,主題特定性は,1つの領域に1つの知識という枠組みで完結し,内容の有無だけで主題特定的なクリティカルシンキングが汎用性をもたないとするものであり,学び手による妥当性の判断や推論の成果を結果的にどの学問にも汎用できることを示していない。したがって,第3のアプローチが意義をもつのである。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10054
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20160331-10.pdf686.86 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP