Kansai University Repository >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10055

タイトル: ハワイ大学マノア校を事例とした学習支援に対する一考察
タイトル(その他言語/よみかな): A Study toward Establishing Learning Support System in Japan By the Case of University of Hawaii, Manoa Campus
著者名: 岩﨑, 千晶
佐々木, 知彦
山田, 嘉徳
土井, 健嗣
著者の別表記: IWASAKI, Chiaki
SASAKI, Tomohiko
YAMADA, Yoshinori
キーワード: 学習支援
FD
高等教育
組織的支援
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年3月31日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 7
開始ページ: 121
終了ページ: 127
抄録: 本研究では,ハワイ大学マノア校における学部生に対する学習支援の内容を整理した.対象とした学習支援は,First Year Program,Honors Program, Writing Center, Learning Assistance Center, Distance Course Design and Consulting, Manoa Advising Center である.整理をする際,Kerstiens(1995)による学習支援モデルを用いて①アカデミックスキル育成プログラム( Developmental Studies ) , ②学習支援(Learning Assistance ) , ③ 学習教材の提供(Learning Resources), ④学生支援(Student Development)に分類した.分類結果をもとに,日本の大学が学習支援を導入するにあたり検討すべき事柄を考察し,「学習支援の目的と対象層の選定」,「学生力を活用するための研修と制度の充実」,「組織同士の連携」を提示した.
内容記述: 研究ノート
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10055
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20160331-12.pdf702.08 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP