関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語学部紀要 >
関西大学外国語学部紀要-第15号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10482

タイトル: Une analyse d’erreurs sur la valeur d’accompli du passé composé et quelques réfl exions sur l’interlangue du système verbal du français chez des apprenants japonais
タイトル(その他言語/よみかな): 複合過去形の完了アスペクトの意味理解に関する誤用分析と 日本人学習者のフランス語動詞時制形の中間言語についての考察
著者名: 平嶋, 里珂
著者の別表記: HIRASHIMA, Rika
キーワード: aspect d’accompli =完了アスペクト
activité métalinguistique =メタ言語活動
métalangage notionnel =概念的メタ言語
rôle didactique de la traduction japonaise =日本語訳の教育的役割
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年10月
出版者: 関西大学外国語学部
雑誌名: 関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies
号: 15
開始ページ: 1
終了ページ: 19
抄録: 複合過去形の本来の意味は完了アスペクトによって表される現在完了だが、フランス語教育では過去用法に偏重して学習されることが多い。このため学習者は複合過去形の意味を「過去」「終了」の概念と同化し、完了アスペクトが生み出す「完了」「結果の状態」などの意味は正しく理解されない。学習者が複合過去形の様々な意味を正確に理解して運用するためには、教材に完了用法を盛り込むだけでなく、概念を主体としたメタ言語に加えて、日本語訳や図式を活用して、学習者が完了アスペクトの構造を意識し、複眼的にメタ言語活動を行えるようにする必要がある。
内容記述: 研究論文
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10482
ISSN: 18839355
書誌レコードID: AA12450939
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語学部紀要-第15号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161000-01.pdf564.58 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP