関西大学学術リポジトリ >
0020 学内研究費成果報告書等 >
学内研究費-環境都市工学部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10638

タイトル: ASRの化学的・力学的現象を考慮したメゾスケール解析手法の構築
著者名: 上田, 尚史
鶴田, 浩章
著者の別表記: UEDA, Naoshi
TSURUTA, Hiroaki
キーワード: アルカリシリカ反応
Alkali silica reaction
ASR
メゾスケール解析
Meso scale analysis
化学‐力学統合解析
Chemo-mechanical coupling analysis
関西大学
Kansai University
平成26年度関西大学若手研究者育成経費
論文発行年月日: 2014年10月
出版者: 公益社団法人プレストレストコンクリート工学会
雑誌名: 第23回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集
開始ページ: 101
終了ページ: 106
抄録: A chemo-mechanical modeling of Alkali Silica Reaction (ASR) was proposed in the view of mesoscale and introduced to finite element analysis. Chemical reaction between alkali components and alkaline reactive minerals in aggregate, producing of a hygroscopic gel and swelling of the gel were simply modeled. Moreover, transportation of both alkali ions and moisture content in concrete was also evaluated by considering the nonstationary diffusion equations in the analysis. Parametric analyses with single aggregate model were conducted in order to confirm the applicability of the proposed model. As the results, it was shown that the proposed model was useful to evaluate ASR expansive behavior, since effects of alkali content and humidity on ASR were simulated qualitatively.
内容記述: 平成26年度関西大学若手研究者育成経費 研究課題「準微視的メカニズムに基づいたコンクリートのASRシミュレーション」
資料種別: Conference Paper
著作権等: 公益社団法人プレストレストコンクリート工学会の許諾を得て登録しています
URI: http://hdl.handle.net/10112/10638
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:学内研究費-環境都市工学部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20141000-01.pdf757.76 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP