関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10670

タイトル: 土田麦僊と国画創作協会をめぐって -前期国展を中心に-
タイトル(その他言語/よみかな): Tsuchida Bakusen and Kokuga Sosaku Kyokai - Focusing on the Early Exhibitions -
著者名: 豊田, 郁
著者の別表記: TOYOTA, Fumi
キーワード: 土田麦僊
国画創作協会
中井宗太郎
田中喜作
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 3
終了ページ: 21
抄録: The Kokuga Sosaku Kyokai (The Association for the Creation of New Japanese Style Painting), a non-governmental organization of Japanese painters, was formed by graduates of the Kyoto Kaiga Senmongakko( Kyoto City Professional School of Painting), Tsuchida Bakusen (1887-1936), Murakami Kagaku (1888-1939), Sakakibara Shiho (1887-1971), Ono Chikkyo (1889-1979), and Nonagase Banhana (1889-1964). Established in January 1918, the first exhibition of their art was held in November of the same year at the Shirokiya clothing store in Nihonbashi, Tokyo. Exhibitions were held intermittently thereafter, seven times altogether until 1928 in both Tokyo and Kyoto. The Kokuga Sosaku Kyokai is highly regarded as playing an important role in the revitalization and modernization of Japanese painting during the Taisho period (1912-1925). This paper discusses the way in which Tsuchida Bakusen played a central role in the Kokuga Sosaku Kyokai, and also looks at the philosophy and artistic expression of the artwork displayed in the early exhibitions.
内容記述: 東アジアの言語と表象
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10670
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-01.pdf4.26 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP