関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10674

タイトル: 江戸時代の日独交渉に関する一考察
タイトル(その他言語/よみかな): A Review of Cultural Interaction between Japan and Germany in the Edo Period
著者名: 黄, 逸
著者の別表記: HUANG, Yi
キーワード: 蘭方医学
ケンペル
シーボルト
蕃書調所
開成所
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 85
終了ページ: 98
抄録: It is generally considered that the eastward expansion of German influence in Japan began in the Edo period. The Japanese first became aware of Germany through the introduction of Rangaku studies (“Dutch Learning”). At that time, German doctors, through their exchange with their Japanese counterparts, popularized the accomplishments of western medicine that had been developing since the European Renaissance. The Japanese who studied Dutch learning in order to learn western medicine, may have also been exposed to the German language through Dutch language texts. Dutch Learning in the Edo Period not only promoted the development of modern western medicine in Japan at the time, but also laid the foundations for the introduction of German science during the Bakumatsu and early Meiji periods. This paper discusses the early process of cultural interaction between Japan and Germany in the Edo Period based on Dutch Learning, in order to demonstrate the influence of German scholarship on the modernization of Japan.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10674
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-05.pdf852.47 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP