関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10675

タイトル: 日本对袁世凯帝制运动的干涉
タイトル(その他言語/よみかな): The Japanese Intervention in the Revival of the Chinese Monarchy
著者名: 張, 万挙
著者の別表記: ZHANG, Wanju
キーワード: 帝制运动
袁世凯
日本
干涉
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 99
終了ページ: 111
抄録: Yuan Shikai attempted to revive the Chinese monarchy in late 1915. This unwise act aroused the attention of the major western powers, England, France, Russia, America, as well as that of Japan. The result of Yuan’s bold move depended on the attitude of these major powers. This was at a time when Europe was embroiled in the First World War. European countries like England, France, Russia, and Germany simply did not possess the time to become heavily involved in China’s internal affairs. Japan however took advantage of this situation in order to gain more new rights in China. During the course of this revivalist movement, Japan constantly changed its attitude towards the revival of the monarchy. Furthermore, Japan resorted to all kinds of measures in order to intervene in the internal affairs of China, in an attempt to promote a pro-Japanese government in Beijing.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10675
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-06.pdf699.86 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP