関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10676

タイトル: 漢代画像石における龍の図像について -第一分布区篇-
タイトル(その他言語/よみかな): The Images of long (龍) on the Stone Reliefs of the Han Dynasty ― the episode of the first distribution area
著者名: 周, 正律
著者の別表記: ZHOU, Zhenglv
キーワード: 
漢画像石
第一分布区
地域性
時代性
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 115
終了ページ: 138
抄録: It is common to look at the Chinese Han dynasty as being unified in every aspect. However according to some recent discoveries regarding Han political and financial systems in local and central authorities, it seems that this view is untenable. And what of Han culture? Was Han culture indeed united completely under the imperial government? This paper discusses these matters by looking at the carved images of long (龍), or dragons on the stone reliefs of the Han dynasty. Through this study, the variations of the long carvings based on differing chronological periods and regions of the Han dynasty should become clearer.
内容記述: 東アジアの歴史と動態
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10676
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-07.pdf4.79 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP