関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10679

タイトル: 20世紀前半中国山東省落花生の海外輸出
タイトル(その他言語/よみかな): The Exporting of Peanuts from Shandong Province in the Eary 20th Century
著者名: 霍, 栄
著者の別表記: HUO, Rong
キーワード: 中国産落花生
落花生栽培
品種
落花生生産
海外輸出
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 167
終了ページ: 184
抄録: In China the peanut is regarded as a commercial crop, and is one of the most important oil crops. Peanut cultivation has a long history, beginning around five hundred years ago. Peanuts do not originate from China, and it is said that they were introduced from Japan in the Kangxi period during the Qing dynasty. At that time peanuts were only planted in Fujian and Guangdong province. After this initial period, a new breed of peanut plant was brought to China by British missionaries. Peanut plantations soon spread all over China, as they proved a fit for the sandy soil. In the 1830s, peanut plantations in China increased, and the top province of production became Shandong province. Previous research on this topic has mostly focused on phytology and agriculture, neglecting almost entirely the commercial aspects. In this paper, the breed of peanut cultivated in Shandong province and the foreign export of these peanuts in the early part of the 20th century shall be discussed.
内容記述: 東アジアの歴史と動態
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10679
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-10.pdf1.67 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP