関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10680

タイトル: 中国篆书书法对江户日本的影响
タイトル(その他言語/よみかな): The Influence of Chinese Seal Script Calligraphy on Seal Scripts in Edo Japan
著者名: 曹, 悦
著者の別表記: CAO, Yue
キーワード: 中国篆书书法
江户日本
泽田东江
松下乌石
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 185
終了ページ: 204
抄録: Chinese seal script has a very long history. After Qin Shihuang unified the script, the position of the seal script gradually declined because of the scripts’ evolution and the demand for practicability. But in the Tang and Qing dynasties, there were two large seal script renaissances, whose influence restored the importance of seal script. The Qing dynasty was another peak in the seal script renaissance after the Tang dynasty; it not only influenced the Qing dynasty’s Chinese seal script, but also the seal script of Edo Japan. As for the research that has been done on my topic, so far there is just one person who has written about it, Iwatsubo Mitsuo. He mainly arranged and discussed the problems of seal script publications in the Edo period, and did not talk about the influence of Chinese seal script on Edo Japan. In this thesis, I took two examples that was works and theories of Sawada Toukou and Matsushita Useki to prove this idea.
内容記述: 東アジアの歴史と動態
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10680
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-11.pdf2.1 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP