関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10684

タイトル: 《论语徴》中对“仁”概念的独特解释
タイトル(その他言語/よみかな): Ogyū Sorai’s Interpretation of Ren as Seen in his Rongochō
著者名: 李, 楊
著者の別表記: LI, Yang
キーワード: 荻生徂徠

《论语徵》

関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 6
開始ページ: 247
終了ページ: 261
抄録: The concept of Ren (humanity, benevolence) is one of the central ideas discussed in the Analects of Confucius. Why be benevolent? And how do we become benevolent? These are central questions in Confucianism, which is why Confucius made constant mention of Ren and repeatedly tried to explain it. Later interpretations of Ren varied greatly, and a highly original interpretation was made by the Japanese Confucian scholar Ogyū Sorai (1666-1728). This paper looks at Ogyū Sorai’s interpretation of Ren as seen in his Rongochō, and compares his views with those of the Song dynasty scholar Zhuxi (1130-1200) as well as those of the Kyoto based Japanese Confucian Itō Jinsai (1627-1705). Through a comparison of these various views of Ren, it is hoped that Sorai’s unique contribution shall become clearer.
内容記述: 研究ノート
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10684
ISSN: 21874395
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 東アジア文化研究科院生論集-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161130-15.pdf642.65 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP