関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
文学部 >
關西大學文學論集 >
關西大學文學論集-第66巻 第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10775

タイトル: 神経心理学的検査による神経発達障害をともなう子どもの視覚認知処理過程の検討
タイトル(その他言語/よみかな): Neuropsychological assessment of visuo-perceptual processing in children with neurodevelopmental disorders
著者名: 加戸, 陽子
真殿, 温美
横山, 勇貴
Midory, Higa Diez
諸岡, 輝子
中野, 広輔
荻野, 竜也
濃野, 信
眞田, 敏
著者の別表記: KADO, Yoko
MADONO, Atsumi
YOKOYAMA, Yuki
HIGA DIEZ, Midory
MOROOKA, Teruko
NAKANO, Kousuke
OGINO, Tatsuya
NOUNO, Shin
SANADA, Satoshi
キーワード: 神経心理学的検査
Rey 複雑図形検査
視覚認知
神経発達障害
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2016年12月10日
出版者: 關西大學文學會
雑誌名: 關西大學文學論集
巻: 66
号: 3
開始ページ: 173
終了ページ: 191
抄録: Rey 複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure test)は視空間構成能力や視覚性記憶,実行機能などを評価する神経心理学的検査である。本研究では板書のノートテイクや漢字の書字などの学習場面でのつまずきがみられる3名の神経発達障害をともなう子どもを対象に Rey 複雑図形検査を実施し,視覚認知処理過程に関する検討をおこなった。3名はいずれもまとまりのある要素を細分化させた方略を用いて図形を描画しており,視覚構成能力に関する指標において著しい低値を認め,視知覚能力の発達の未成熟さが推測された。本検査は子どもの抱える学習上の問題の把握に有用であり,神経発達障害における視覚認知能力の発達的経過に関するさらなる検討が必要と考えられた。
内容記述: 独立行政法人日本学術振興会 科研費(25870931)
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10775
ISSN: 04214706
書誌レコードID: AN00047169
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學文學論集-第66巻 第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20161210-07.pdf2.24 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP