関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10825

タイトル: 心理療法とキャリアカウンセリングの統合 Blustein(1987)の紹介
著者名: 大田, 由佳
著者の別表記: OTA, Yuka
キーワード: 心理療法
キャリアカウンセリング
統合的アプローチ
再発予防
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月15日
出版者: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
雑誌名: 関西大学心理臨床センター紀要
巻: 8
開始ページ: 37
終了ページ: 42
抄録: 昨今、産業領域におけるメンタルヘルス対策として、臨床心理学的な支援とキャリア支援の統合の重要性がいわれている。一方で、医療・福祉領域や教育領域においては、心理療法とキャリアカウンセリングの統合に関する研究は日本ではあまり見られない。しかし、クライエントの人生に関わり、支援しようとする心理職には、心理的課題だけではなく、キャリア支援への知見を持つことが求められるのではないだろうか。そこで本稿では、心理療法とキャリアカウンセリングの統合の意義について述べられたBlusteinの論文を紹介する。統合の意義のひとつは、クライエントの抱える問題を多方向から見立てることができることである。また、キャリアと心理的な問題の関連を見立て、治療計画を立てることは、問題の再発防止の検討につながる点でも有用性が高いと思われる。そして、心理的問題とキャリアの問題は絡み合っていることから、クライエントを統合的に支援するためには、活動する領域に関わらず、心理職はキャリア理論の知識やキャリアカウンセリングのスキルの習得が求められると考える。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10825
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理臨床センター紀要-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170315-02.pdf294.53 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP