関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10828

タイトル: セラピストによる情動調律とフォーカシング -言葉の内容のみでは分かり合い難い自閉症児との遊戯療法の文脈で-
著者名: 石倉, 篤
中田, 行重
著者の別表記: ISHIKURA, Atsushi
NAKATA, Yukishige
キーワード: 情動調律
セラピストによるフォーカシング
自閉症
遊戯療法
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月15日
出版者: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
雑誌名: 関西大学心理臨床センター紀要
巻: 8
開始ページ: 67
終了ページ: 77
抄録: 言葉の内容のやりとりが難しい自閉症児との遊戯療法に関して、セラピスト(以下Th)自身が主体性を発揮し、主体のなさが問題となっているクライエント(以下 Cl)の鏡像となり、Cl の主体性の確立を促す働きかけが有効であるという指摘(河合,2010b)があるものの、非指示的なパーソンセンタードセラピー(以下 PCT)的遊戯療法は有効でない(田中,2009)と言われており、その実践は難しいと思われる。そこで本研究は言葉の内容のやりとりが難しい自閉症児を一人の主体として捉えるアプローチとして、Thによる情動調律とフォーカシングに着目し、体験過程理論やフォーカシング等を含んだPCT 的遊戯療法に精神分析的な情動調律を取り入れた場合どのような側面が新たに明らかになり、どのようにその実践が発展するのかを検討した。その結果 PCT 的遊戯療法を発展させるには、Th が Cl のことを慮り、Cl の在り様を見ながら Cl から伝わってきたものをフォーカシングして掴んだフェルトセンスを言葉になる前の状態で Cl に伝えることと、意味を見出す前の状態でフォーカシングをし続けることが求められると考えられた。
内容記述: 特集:パーソン・センタード・セラピーの展開
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10828
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学心理臨床センター紀要-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170315-05.pdf385.84 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP