関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要  >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要-第45号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10897

タイトル: 大学のゼミ活動とキャリア形成:卒業生のライフストーリーから
タイトル(その他言語/よみかな): Career Development through University Seminar Activities: Analyzing a Graduate’s Life Story Interview
著者名: 岸, 磨貴子
久保田, 賢一
著者の別表記: KISHI, Makiko
KUBOTA, Kenichi
キーワード: 高等教育
ゼミ
複線経路等至性アプローチ
ライフストーリー
キャリア
higher education
seminar
Trajectory Equifinality Modeling (TEM)
life story
career
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月25日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 45
開始ページ: 1
終了ページ: 22
抄録: 本研究の目的は,大学のゼミ活動と卒業後のキャリア形成がどのように関連しているのかを大学卒業後10年たった卒業生 1名のライフストーリーインタビューをもとに明らかにすることである.大学のゼミ活動は多様であり一概にゼミ活動とキャリアの関係を紐解くことはできない.しかしながら,ゼミという少人数で,ゼミ生の興味・関心や問題意識基づいて学生主体の活動に最長 2年間同じ学生(ゼミ生)とともに過ごすという経験がその後のキャリアに何か相互に作用する可能性は高い.そこで本研究では,ゼミ入室から卒業後10年間のキャリアについてライフストーリーインタビューを行い,時間が継続する中で研究協力者がどのように変化したかを複線経路等至性モデル(TEM)に基づいて明らかにする.
This research clarifies the relation between the career development of a graduate and her seminar experiences at university; this is done by analyzing the interviews of a woman ten years after her graduation. Since seminars involve a variety of activities, it is difficult to find a cause–effect relationship between the styles of seminar and career development. However, it is evident that seminar experiences, where students together engage in self-directed learning, under a particular instructor in open-ended learning environments over two years may have a strong impact on their career development. The authors employed Trajectory Equifinality Modeling (TEM) based on the life story interviews of a graduate who became a dentist and worked at both her clinic and at an international NGO in Myanmar. TEM will illustrate how the graduate’s university seminar experiences influenced her to pursue her current career by focusing on her transformation timeline.
内容記述: JSPS科研費 JP15K12430
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10897
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要-第45号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170325-02.pdf603.52 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP