関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要  >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要-第45号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10898

タイトル: [研究ノート] 医療事故抑止の為のICT減災マネジメント
タイトル(その他言語/よみかな): Research Note : ICT-based Disaster Management for Medical Accident Preventability
著者名: 阿辻, 茂夫
藤本, 良介
野崎, 篤志
著者の別表記: ATSUJI, Shigeo
FUJIMOTO, Ryosuke
NOZAKI, Atsushi
キーワード: 共起マッピング
ガバナンス/コンプライアンス/HRM
ICT医療革新
co-occurrence mapping
governance / compliance / HRM
ICT medical innovation
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月25日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 45
開始ページ: 23
終了ページ: 46
抄録: 医療事故の社会化は医療先進国の証拠であり,医療の民主化が進んでいる一方,医療後進国では,医療事故が公表されない傾向がある.過去,我国では,集団予防接種をしてきたが,複数の子供達に同じ注射針を使い回した結果,日本の肝炎感染者が200~300万人いると推計されている.医療事故とは別に,今日,タミフルや子宮頸がんなどの予防薬も広く服用されるようになって副作用も問題視され,双方とも改善すべき喫緊の課題となっている.日本の医療事故(2000年~2016年)のビックデータ化は,過去の事故傾向やトレンドを推定することで同様の事故を防ぎ,今後の医療政策や保健行政にも還元できよう.既に厚生労働省を中心に医療機能評価機構から医療事故の公表もなされている.しかし,そこでは,特定の事故の個別事例について詳細に分析されているものの,事故全体のマクロ的傾向が把握しにくかった.ビックデータによる失敗知識を社会化させ,医療関係者や患者を含むステークホルダ ー相互で共有することで,医療事故抑止(medical accident preventability)に ICT を利した減災マネジメントが希求される時代といえよう.
The informatics of medical accidents is evidence of medically advanced nations, accompanying the democratization of medical treatment. On the other hand, in countries with less developed medical treatment systems, there is a tendency for medical accidents not to be publicized. In Japan, programs of preventive mass immunization were carried out in the past, but as a result of using the same injection needle for a number of children, Japan now has an estimated 2 to 3 million people infected with hepatitis. In recent years, preventive medicines such as Tamiflu and preventative drugs against cervical cancer have come into widespread use, but the accompanying side effects have also become an urgent problem.The preparation of big data on medical accidents in Japan (2000 to 2016) allows inference of past trends and tendencies in accidents, which can be fed back into the medical treatment policies of central government and administrative institutions and the public health practice of local government. Information on medical accidents is already published by Japan Council for Quality Health Care, notably the Ministry of Health, Labour and Welfare. However, although detailed analysis has been undertaken of specific accident examples, it has been difficult to capture macro-trends across the range of accidents. The use of big data to socialize knowledge of failure for sharing by stakeholders, including medical treatment professionals and patients, will support accident reduction in medical treatment. It is to be hoped that this will now usher in an age of ‘ICT-based disaster management’ for the medical accident preventability.
内容記述: ビッグデータ協力:野崎 篤志
Big-data collaboration: Atsushi NOZAKI
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10898
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要-第45号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170325-03.pdf3.64 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP