関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10919

タイトル: 全球史视野下的明清嬗变 -有关《洪业:清朝开国史》的几点新认识
タイトル(その他言語/よみかな): The Transition from Ming to Qing from the Perspective of Global History - Reflections on The Great Enterprise
著者名: 李, 雪涛
著者の別表記: LI, Xuetao
キーワード: Frederic Wakeman
the regime change from Ming to Qing
world crisis n the 17th century
global history
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 177
終了ページ: 195
抄録: This article discusses Frederic Wakeman’s masterpiece The Great Enterprise from the perspective of global history and poses a world question: the administrative mode built at the early Qing dynasty, with its firm social control and flexible fiscal policy, had succeeded in helping the Qing conquerors to get out of the worldwide economic crisis, but unlike Europe, it did not bring about a complete transition in political and economic areas. This pseudo-solution finally led to the fall of the Qing empire. The crisis in the 17th century had a far-reaching influence in the development of modern Europe and remains one of the heated issues in the study of modern Europe history. Wakeman has connected the historical development from Ming to Qing with the global crisis at the time, analyzing it with a holistic and connectional view, thus unfolding the regime change in a worldwide connection.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの言語と表象]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10919
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-13.pdf1.1 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP