関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10930

タイトル: 漢籍語「爆撃」の語誌変遷について -「爆発」、「炸裂」から「爆弾攻撃」への転用経緯
タイトル(その他言語/よみかな): The evolution of word usage with the Sino-Japanese word “Bakugeki”(爆撃) – The process of “Blast”, “Explode” changing to the new meaning: “bomb attack from planes”
著者名: 仇, 子揚
著者の別表記: QIU, Ziyang
キーワード: 新漢語
漢籍転用語
語誌考証
日中語彙交流
漢語の逆輸入
中⇒日⇒中伝播ルート
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 343
終了ページ: 356
抄録: The word “Bakugeki” (爆撃) in Japanese is a classical Chinese word and is seen in documents of the Ming dynasty. And at that time it means “Blast” and “Explode”. But From the 20th century, it changed into the new meaning of “bomb attack from planes” in modern Japanese. Likewise, In the 1920 s to 1930 s in China, this words was also used with the new meaning as the one above-mentioned. Such as “Air raid” (空中爆撃), “bomber” (爆撃機), so it is able to be treaded as a loanword from Japanese. But after a short time, This word was replaced with another Chinese word “轟炸”. So it was not remained in modern Chinese. Thus, this paper focused on the Sino-Chinese “Bakugeki” (爆撃), will conduct a study of its route of exchanges between Chinese and Japanese, and research the evolution of word usage and the impact related, to solve the question of “why didn’t this word remains in modern Chinese”.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの言語と表象]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10930
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-22.pdf950.56 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP