関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10940

タイトル: 「繫辞伝」における熊沢蕃山の易学思想
タイトル(その他言語/よみかな): Kumazawa Banzan’s Yi Thought in Xici Zhuan
著者名: 李, 瑩
著者の別表記: LI, Ying
キーワード: 易簡
変易
不易
太虚
神道
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 505
終了ページ: 521
抄録: Xici Zhuan is a general theory of scriptures and verses. “YiSanYi”, which is well known as “Yijian”, “Change” and “Immutability”, has basically become the last word on the subject since ancient Chinese scholar Zheng Xuan put forward the idea of “Yi Ming San Yi”, suggesting a slight change of a name can result in three different meanings. The content of Japanese scholar Kumazawa Banzan’s Xici Zhuan, with Original Meaning of Zhouyi by Zhu Xi as a reference, is mainly about “YiSanYi”, but the interpretation methods adopted by him such as “Theory of meaning”, “Theory of image” and “Theory of Gua-qi”, clearly prove that Kumazawa Banzan not only absorbed the methods from the School of Yi-ology of Song Dynasty, but also those from the School of Image-numberology of Han Dynasty and the School of Mind. Apart from this, he also used “Shinto of Great Void” to interpret Yi-ology. This also becomes the characteristic in Banzan’s interpretation.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの思想と構造]
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10940
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-32.pdf1.46 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP