関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10941

タイトル: 五井蘭洲と中井履軒の格物致知論
タイトル(その他言語/よみかな): The theory of “Kakubutsu-Chichi” of Goi Ranshu and Nakai Riken
著者名: 佐藤, 由隆
著者の別表記: SATO, Yoshitaka
キーワード: 五井蘭洲
中井履軒
格物致知
知行論
窮理
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 10
開始ページ: 523
終了ページ: 534
抄録: Nakai Riken (1732-1817) was a notable scholar of the Kaitoku-Do, a school that was recognized by the government and flourished in Osaka during the Edo era. Although his interpretation of “Kakubutsu-Chichi” is famously considered to be an original argument, according to research, it was in fact Goi Ranshu (1697-1762), Riken’s teacher, who first argued similarly. Further, their argument was based on the theory of Chigyo-Heishin, which comes from neo-Confucianism. How then does the thinking of Ranshu and Riken differ? This paper compares their thought regarding “Kyuri,” a word that has a deep relationship to “Kakubutsu-Chichi,” as viewed in the development of Chigyo-Heishin.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
松浦章教授古稀記念号
[東アジアの思想と構造]
JSPS科研費16J00385
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10941
ISSN: 18827748
書誌レコードID: AA12327433
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-33.pdf772.26 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP