Kansai University Repository >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
社会学部紀要 >
社会学部紀要-第48巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10970

タイトル: YG性格検査の因子の構造-多集団同時分析による3次元構造の確認-
タイトル(その他言語/よみかな): The factor structure of the YG Personality Inventory: Confirming three dimensions via multi-group simultaneous analysis
著者名: 清水, 和秋
山本, 理恵
著者の別表記: SHIMIZU, Kazuaki
YAMAMOTO, Rie
キーワード: Yatabe Guilford Personality Inventory
exploratory factor analysis
scale development
dimensionality
矢田部ギルフォード性格検査
探索的因子分析
尺度開発
次元性
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 48
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 25
抄録: The purpose of this study was to confirm the dimensionality of the YG Personality Inventory which has been one of the most popular psychological tests in Japan. Twelve scales of the inventory were administered to 437 male and 819 female college students in their classrooms from 2003 to 2009 except in 2004. Three factors from this inventory were extracted using the maximum estimation method of the SPSS. The following factors were rotated using the promax method; Emotional instability (D, C, I, N, O, Co, and T (minus)), Dominance (A, S, G, Ag, and I (minus)), and Nonreflective thinking (R and T.) Correlation matrices among twelve scales of this inventory including means and standard deviations were reported by Tsujioka and Fujimura (1975b) and Tsujioka and Higashi (1987). In the current study, multi-group simultaneous analysis for these three groups was conducted using Amos to confirm these three factors of the YG Personality Inventory. The measurement model of the three factors with the covariance among the uniqueness of scale adequately fitted data collected over the past three decades. Reviewing the history of the development of the YG Personality Inventory by Yatabe (1954) and Tsujioka (1957), the invariant three factors were discussed, giving rise to controversy, as highlighted by Guilford (1975) and Eysenck (1977), on the factor of the extraversion-introversion.
この研究の目的は、日本で最もポピュラーな心理テストの一つである YG 性格検査の次元性を確認することである。2004年を除いた2003年から2009年に検査の12尺度を授業中に437名の男子学生と819名の女子学生に実施した。この検査の 3 因子が SPSS の最尤推定法により抽出された。次の 3 因子が Promax 法で回転された:情緒不安定性(D, C, I, N, O, Co, そして T(負))、主導性(A, S, G, Ag, そして I(負))、そして、非内省性(R そして T)。この検査の平均・標準偏差と相関行列を辻岡・藤村(1975b)と辻岡・東(1987)が報告している。YG性格検査の因子の構造を確認するために、これらの三つの集団に Amos で同時分析が行われた。尺度の独自性間の共分散のあるこれらの 3 因子の測定モデルが、過去30年間に収集された 3 つのデータに適切に適合した。矢田部(1954)と辻岡(1957)による YG 性格検査の開発歴史を振り返りながら、Guilford(1975)と Eysenck(1977)の外向性 ―内向性に関する論争と関連させて、不変な 3 因子について議論した。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10970
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:社会学部紀要-第48巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
KU-1100-20170331-02.pdf927 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP