関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
法学部 >
Kansai University Review of Law and Politics >
Kansai University Review of Law and Politics-No.38 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10980

タイトル: Surrogate motherhood in France: the need for a change Considerations of French Private International Law
著者名: KLEINER, Caroline
キーワード: 関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月
出版者: Faculty of Law Kansai University
雑誌名: Kansai University Review of Law and Politics
巻: 38
開始ページ: 49
終了ページ: 62
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10980
ISSN: 0388886X
書誌レコードID: AA00265951
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Kansai University Review of Law and Politics-No.38

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170300-04.pdf760.41 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP