関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
文学部 >
教育科学セミナリー >
教育科学セミナリー-第48号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10984

タイトル: 〔講演録〕 教育と福祉のドラマトゥルギー -その試み・発展・展望-
タイトル(その他言語/よみかな): Lecture : Dramaturgy of Education and Caring : Its Attempt, Development and Perspective
著者名: 藤川, 信夫
著者の別表記: FUJIKAWA, Nobuo
キーワード: 関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学教育学会
雑誌名: 教育科学セミナリー
巻: 48
開始ページ: 17
終了ページ: 33
抄録: 教育と福祉のドラマトゥルギーは、アーヴィング・ゴッフマンの初期の著作群で展開された分析方法をもとに、日常的相互行為を舞台上での芝居に見立てて分析し、個々の行為や相互行為の意味や機能を明らかにするための方法である。教育と福祉のドラマトゥルギーは、実践家にとっては自らが抱える問題を把握し、解決策を見出すための手がかりとして、理論研究者にとっては仮説設定に際して着想を得るための手がかりとして貢献することを目指す共同研究の方法モデルである。本稿では、この共同研究の枠内で行われた理論研究と事例研究から、方法モデルの発展プロセスを跡づける。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10984
ISSN: 02880563
書誌レコードID: AN00056523
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:教育科学セミナリー-第48号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-02.pdf1.01 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP