関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第48巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11012

タイトル: 研究ノート 労働分配率に関する予備的分析
タイトル(その他言語/よみかな): A Preliminary Analysis on the Labor Share of Income
著者名: 舟場, 拓司
著者の別表記: FUNABA, Takuji
キーワード: labor share of income
elasticity of substitution
ratio of college to high school earnings
労働分配率
代替の弾力性
大卒労働所得-高卒労働所得比率
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月31日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 48
号: 2
開始ページ: 81
終了ページ: 89
抄録: Recently two important analyses on the labor share of income have been published. I introduce these and suggest some ways in which research can be progressed. In section I, the relation between the labor share of income and the elasticity of substitution is described. In section II, I decompose labor inputs into skilled (college) labor and unskilled (high school) labor, assuming that the skilled and the unskilled are combined with capital by different elasticities of substitution. The fluctuation in the labor share of income is, then, investigated with reference to the ratio of college to high school earnings. Section III concludes.
労働分配率の変動に関する最近の分析を整理し、精査すべき方向を探ることを目的とする。次の節は、労働分配率と資本と労働の代替の弾力性との関係を考察する。Ⅱ節では、労働をスキル別に分けて、資本とスキルの代替弾力性が異なるケースを考える。大卒労働所得-高卒労働所得比率の変化を中心に、労働分配率の変化を三つの要素に分けて検討する。Ⅲ節は、まとめである。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11012
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第48巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170331-05.pdf857.91 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP