関西大学学術リポジトリ >
1300 国際部 >
国際部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11111

タイトル: ロシア極東地域における日本語学習動機づけ
著者名: 竹口, 智之
ブシマキナ, アナスタシア
ノヴィコワ, オリガ
著者の別表記: TAKEGUCHI, Tomoyuki
BUSHMAKINA, Anastasia
NOVIKOVA, Olga
キーワード: ロシア極東地域
日本語学習動機づけ
ボトムアップ的手法
属性別による比較
学習活動の道具性への着目
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2015年3月
出版者: 立命館アジア太平洋研究センター
雑誌名: ポリグロシア=POLYGLOSSIA
巻: 27
開始ページ: 85
終了ページ: 97
抄録: 本研究はロシア極東地域における日本語学習動機づけを分析したものである。従来の日本語学習動機づけ研究においては、既存の理論から項目を作成した質問紙法が主だったが、本研究では当該地域の学習者にインタビューし、そのデータを基に質問紙が作成されている。因子分析を行った結果、「Ⅰ.日本・日本人接触」「Ⅱ.就職・進学」「Ⅲ.義務・隣国社会知識」「Ⅳ. 他言語比較・語学活用」「Ⅴ.日本言語文化興味・理解」「Ⅵ.関係性」の6つの因子が抽出された。各属性別による比較では、日本語能力試験を経験した者は、受験経験のない者よりも「Ⅱ.就職・進学」において、より強度の高い動機づけが測定された。また留学を強く希望する者は、留学に消極的な者よりも「Ⅱ.就職・進学」において、より強度の高い動機づけが測定された。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
著作権等: (C)2015立命館アジア太平洋研究センター
立命館アジア太平洋大学の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/11111
ISSN: 13450891
書誌レコードID: AA11377083
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:国際部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1300-20150300-00.pdf1.92 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP