関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11244

タイトル: "Seue yere in swineis dritte" : a penance in a Middle English satirical poem, The Land of Cokaygne, in London, British Library, MS Harley 913
著者名: WADA, Yoko
著者の別表記: 和田, 葉子
キーワード: 関西大学
Kansai University
MS Harley 913
The Land of Cokaygne
penance
satire
Ireland
dritte
immersion
論文発行年月日: 2017年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 50
開始ページ: 51
終了ページ: 60
抄録: 14世紀に英語で書かれた諷刺詩、The Land of Cokaygne には、修道士でありながら食欲と性欲を満たす放蕩三昧の生活を送り、本来の義務をまったく果たそうとしない聖職者たちが幸せに暮らす地上の楽園が描かれている。作者は、作品の最後で、男性の聴衆に、7年間、豚の糞に顎まで浸かって歩いてゆけば、必ず楽園にたどり着ける、だから、この楽園を見ないであの世に行く手はないと、この過酷な苦行をく勧める。本論文では、この苦行が何に由来し、作品においてどのような意味を持つのかを考察する。
内容記述: This paper was financially supported by Grant-in-Ade for Scientific Research of MEXT/JSPS for 2017 (Grant Number: 15K02327).
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11244
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20170401-14.pdf256.79 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP