関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11251

タイトル: 曲直瀬道三の察証弁治と中国医法の受容 : 腰痛を中心に
タイトル(その他言語/よみかな): MANASE Dosan's Satsusho Benchi : Focusing on Lumbago
著者名: 熊野, 弘子
著者の別表記: KUMANO, Hiroko
キーワード: 関西大学
Kansai University
曲直瀬道三
MANASE Dosan
中国医学
Chinese medicine
腰痛
lumbago
察証弁治
Satsusyo Benchi
弁証論治
Bianzheng Lunzhi
論文発行年月日: 2017年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 50
開始ページ: 163
終了ページ: 187
抄録: TCM (Traditional Chinese Medicine) features the bianzheng lunzhi system, a term that refers to diagnosis and treatment based on a general analysis of symptoms and signs. Manase Dosan (1507‒1594) accepted this set of theories, which came to be called satsusho benchi in Japan. This paper considers the satsusho benchi of lumbago by taking a concrete look at medical books associated with Dosan's school (Dosan, Dosan's teachers, and disciples). The books quote Yuji Weiyi and others, emphasizing differential diagnosis, pulse examination, prescription drugs by Bianzheng (identifying cause of disease), and the Jingluo (meridians)
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11251
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20170401-21.pdf747.04 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP