関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11262

タイトル: アラカワ+ ギンズ:有機体 - 人間 - 環境プロセス. ユージン・ジェンドリン[原著]
タイトル(その他言語/よみかな): Arakawa and Gins: The Organism-Person-Environment Process. Eugene Gendlin
著者名: 岡村, 心平
著者の別表記: OKAMURA, Shimpei
キーワード: 関西大学
Kansai University
ランディング・サイト
Landing sites
建築する身体
Architectural body
インギング
Inging
フェルトセンス
Felt sense
プロセスモデル
a Process model
論文発行年月日: 2017年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 50
開始ページ: 381
終了ページ: 393
抄録: This paper is a Japanese translation of "Arakawa and Gins: The Organism-Person-Environment Process" (Genedlin, 2013). The purpose of this paper is a comparative discussion about the project of Arakawa and Gins, and of Genedlin's philosophy. First, the author pointed that Arakawa and Gins used the word "persons" as a verb, and he introduce a new concept "inging" to emphasis that function of personing. Secondly, the inging process is compared with Arakawa and Gins's concept of "landing sites," and they are discussed from the perspectives of the implicit intricacy that characterizes his philosophy and practice. Thirdly, it is shown that there is a physical and direct means of accessing the implicit intricacy that is called a "felt sense." Finally, the author introduces TAE (Thinking at the Edge), which is a practice using felt sense to facilitate creative thinking and theorizing, and is shown in these examples.
内容記述: 資料紹介 (Communications)
岡村心平〔訳〕
Translated by Shimpei OKAMURA
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11262
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第50輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20170401-32.pdf316.84 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP