関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11323

タイトル: フェルトセンスの象徴化を含めたフォーカシング的態度の測定 : 因子構造、性差、および精神的健康の因果モデルによる検討
タイトル(その他言語/よみかな): Incorporating the Symbolization of Felt Sense in Assessing Focusing Attitudes: An Examination of Causal Models for Factor Structure, Gender and Psychological Health
著者名: 酒井, 久実代
河﨑, 俊博
池見, 陽
著者の別表記: SAKAI, Kumiyo
KAWASAKI, Toshihiro
IKEMI, Akira
キーワード: フォーカシング的態度
象徴化
体験過程尊重尺度
心理的ストレス反応
主観的幸福感
Focusing attitudes
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月18日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 7
開始ページ: 9
終了ページ: 18
抄録: 体験過程尊重尺度(FMS)にフェルトセンスの象徴化を測定する項目を加え、フォーカシング的態度測定尺度を作成した。345名の大学生に心理的ストレス反応尺度、主観的幸福感尺度と共に実施した。因子分析により「注意」「距離」「象徴化」「受容」の4 因子が抽出され、信頼性の高い尺度が作成された(α=.87)。性差の検討を行ったところ、「距離」「受容」は有意に男性が高く、「象徴化」「疲労」「対人緊張」「ストレス反応合計」は女性の方が高かった。フォーカシング的態度の構造を検討するため、フォーカシングのステップに基づき因果モデルを構成し共分散構造分析を行った。「注意」から「距離」「象徴化」「受容」へのパスは有意(β=.63; β=.48; β=.62)であったが、「距離」から「受容」、「象徴化」から「受容」へのパス係数は低かった(β=.20; β=.02)。最後に、フォーカシング的態度が心理的ストレス反応、主観的幸福感に影響を及ぼすとする因果モデルを構成し共分散構造分析を行った。フォーカシング的態度から心理的ストレス反応に有意な負のパス(β=-.47)、心理的ストレス反応から主観的幸福感に有意な負のパス(β=-.44)、フォーカシング的態度から主観的幸福感には有意な正のパス(β=.35)が引かれた。フォーカシング的態度の測定、性差、構造、機能について考察した。
A Scale to Access Focusing Manner (SAFM) was developed by adding items to measure the symbolizing of the felt sense to the original Focusing Manner Scale (FMS). Three hundred and forty-five university students filled in the SAFM and the Psychological Stress Response and Subjective Happiness Scales. Factor Analysis on the SAFM found four factors: attention, distance, symbolization, and acceptance. Th e reliability of this scale was α=.87. Men scored higher in distance and acceptance while women scored higher in symbolization, fatigue, interpersonal tension, and total stress responses. To investigate the structure of Focusing attitudes, a causal model based on the steps of Focusing was performed using covariance structure analysis. The paths from attention to distance, symbolization, and acceptance were signifi cant (β=.63; β=.48;β=.62), but the path coeffi cients from distance to acceptance and from symbolization to acceptance were low (β=.20; β=.02). Finally, covariance structure analysis was performed on the effects of Focusing attitudes on psychological stress and subjective happiness. Negative paths were drawn from Focusing attitudes to psychological stress response (β=−.47) and from psychological stress response to subjective happiness (β=−.44). A positive path was drawn from Focusing attitude to subjective happiness (β=−.35). Th e assessment, structure, and function of Focusing attitudes and gender were discussed.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11323
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170318-03.pdf418.65 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP