関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11325

タイトル: 共に感じること : 対人的な相互作用における交差に関する理論的研究
タイトル(その他言語/よみかな): Co-feeling : A Theoretical Study of Crossing in Interpersonal Interaction.
著者名: 岡村, 心平
著者の別表記: OKAMURA, Shimpei
キーワード: 交差
共感的理解
同一化
「あたかもかのように」という性質
メタファー
crossing
empathic understanding
identification
as if quality
metaphor
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月18日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 7
開始ページ: 29
終了ページ: 38
抄録: 本論文では、対人的な相互作用における交差に関連する「共に感じること(co-feeling)」という概念をめぐって、理論的な検討を行った。まずGendlin(1995)の記述する対人的な相互作用における交差の特徴と、その説明の中で引用されるGilligan and Wiggins(1987)の「共に感じること」という概念を取り上げ、この概念が従来の心理学的な「共感」概念と対比的に用いられており、そこに同一化が含まれるか否かの相違があることを示した。また、この「共に感じること」という概念がクンデラの小説『存在の耐えられない軽さ』から援用されたもので、「同情」という語のパラフレーズとして使用されていることを概観した。次節では、心理療法における共感概念、特にロジャーズの「共感的理解」とフロイトによる「共感」に関する記述を参照し、「共に感じること」との比較検討を行った。フロイトは共感を「同一化」と関連づけ論じており、一方でロジャーズの共感的理解と「共に感じること」は、同一化に基づかない点で共通していることを提示した。また、共感的理解の特徴である“as if” という性質は、「AをあたかもBであるかのように」理解するというメタファーにおける交差の機能やその仮想性にも見られ、この点においても、ロジャーズの共感的理解と、ジェンドリンの交差概念や「共に感じること」という概念との間に共通点が見出された。
In this paper, the author presents a theoretical study on the concept of co-feeling related to crossing in interpersonal interactions. First, the characteristics of crossing in interpersonal interaction described by Gendlin (1995) and the concept of co-feeling in Gilligan and Wiggins (1987) that Gendlin quoted in his footnote, are reviewed. These concepts are contrasted with the concept of empathy in conventional psychology, and a difference is pointed out on whether identification is included or not in these concepts. Moreover, the concept of co-feeling as quoted from Kundera’s novel, Unbearable lightness of being, is introduced; this was a paraphrase of the word “compassion” in that novel. In the next section, empathy in psychotherapy, especially Rogers’s empathic understanding and Freud’s description about empathy, is compared with co-feeling. The author argues that Freud connected empathy with identification; on the other hand, Rogers’s empathic understanding and co-feeling have a commonality in that they are not based on identification. In addition, the “as if ” quality, which is a characteristic of empathic understanding, is also observed in the functioning of crossing in metaphor and its manner of understanding “A as if it were B” and the virtual condition of metaphorical understanding. Th us, it is possible to observe a commonality among Rogers’s empathic understanding, Gendlin’s crossing, and co-feeling.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11325
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170318-05.pdf316.46 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP