関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11326

タイトル: クライエントの体験過程様式の推定値とセラピストが認知した面接経過の関係について
タイトル(その他言語/よみかな): The Relationship Between Estimated Client Experiencing and Therapists’ Perception of Therapy Progress
著者名: 大橋, 梨乃
池見, 陽
著者の別表記: OHASHI, Rino
IKEMI, Akira
キーワード: 体験過程様式
体験過程スケール
EXPチェックリスト
面接経過の認知
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月18日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 7
開始ページ: 39
終了ページ: 48
抄録: 本研究では、クライエントの体験過程様式を測定するために、三宅(2007)が開発したEXP チェックリストを実際の臨床現場で用い、クライエントの体験過程様式の推定値とセラピストが認知した面接経過の関係性について調べることを目的とした。大学院付属心理相談機関において、セラピストが対話型心理療法を行っていたクライエントを対象にEXP チェックリストⅡ ver.1.0 とセラピストが面接経過をどのように認知しているか測定するために自作したJIK 尺度を記入した。その結果、EXP チェックリストⅡ ver.1.0 とJIK 尺度との間に相関がみられ、クライエントの体験過程様式が高い程、セラピストがそのクライエントとの面接経過を良好であると認知していることが示された。このことから、クライエントの体験過程様式が高い程、面接は順調に進行し、クライエントの状態が改善に向かうことが示唆された。また、本研究の協力者であるセラピストのオリエンテーションは様々であったにも関わらず、体験過程様式とJIK 尺度との間に相関がみられた。すなわち、面接経過が順調に進んでいるか否かは、セラピストのオリエンテーションとは関係なく、クライエントの体験過程に触れる様式と関係していたと考察された。
The purpose of this study is to apply, in clinical settings, the EXP checklist developed by Miyake (2007), which estimates clients’ levels of experiencing, and to examine the relationship between such levels and therapists’ perception of progress in therapy. Therapists working at two university-affiliated psychotherapy centers filled in the EXP checklist and a JIK Scale that measures therapists’ perception of progress in therapy. Results showed correlations between the JIK Scale and the EXP Checklist, indicating that higher client estimated-EXP was correlated with higher perception of therapy progress. Th us, it was found that, with higher client EXP, more progress in therapy and improvements in clients’ conditions could be expected. Moreover, despite the fact that therapists in this study came from various orientations, correlations were found between the JIK Scale and the EXP checklist, indicating that, regardless of therapy orientations, progress in therapy was related to clients’ experiencing.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11326
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170318-06.pdf354.49 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP