関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11327

タイトル: 韓国語版EXPチェックリストの試作過程及び体験過程の推定に参照される非言語的表現をめぐって
タイトル(その他言語/よみかな): Towards the Development of a Korean EXP Checklist and the Possibility of Estimating Levels of Experiencing through Non-verbal Expressions
著者名: 崔, チャン
根本, 真理子
池見, 陽
著者の別表記: CHOI, Chan
NEMOTO, Mariko
IKEMI, Akira
キーワード: 体験過程尺度
EXPチェックリスト
韓国語版EXPチェックリスト
非言語的情報
The Experiencing Scales
EXP Checklist
Korean EXP Checklist
Non-Verbal Expressions
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月18日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 7
開始ページ: 49
終了ページ: 56
抄録: 韓国の心理臨床の現場では体験過程尺度(EXPスケール)はほとんど活用されていない。そのため、本研究のひとつの側面は、体験過程の推定に使いやすいEXPチェックリストを韓国に紹介することであった。三宅(2007)のEXPチェックリストを久保田ら(印刷中)はEXPCKIIver. 1.1 に改良しており、筆者はそのEXPCK-IIver.1.1 を韓国語に翻訳した。EXP5段階の各レベルを反映する10編のサンプル・ビデオを韓国語で作成した。これらのクリップは複数の評定者が動画と日本語訳逐語記録をもとにEXPCK-IIver1.0 で評定し正答率を算出した。その結果を考慮して、7編のビデオクリップと韓国語に訳したEXPCK-IIver1.1 を韓国のトクソン女子大学に送付し、共同研究を準備した。また、日本で行なった評定の分析と評定者に対するアンケートを行ない、評定者がどのようなことに注目してEXP レベルを判定するかを調査した。一部のビデオを再編集したところ、評定結果の正答率は5 段階別にパーセント表記すると、100% Very Low;87.5% Low;75% Middle;87.5% High;100% Very High となっていた。また、評定者は言語的情報だけではなく、沈黙、表情、声、身体の動きなどの非言語情報にも注目していたことがわかった。ビデオが韓国語であったにもかかわらず、比較的高い正答率で評定することができたのは、そのためと考えることができる。体験過程様式の教育には、非言語的情報にも注目する必要があることが考察された。
The Experiencing Scales are not used among psychotherapy researchers and practitioners in Korea. One aspect of this study is to introduce to Korea the EXP Checklist, a paper and pencil method for estimating modes of experiencing. Th e authors translated into Korean the EXPCK-II ver.1.1 (Kubota et al., in press), a checklist for estimating modes of experiencing, which was based on an earlier version by Miyake et al. (2007). Ten sample video segments produced in Korean were edited to reflect the five levels of experiencing. Japanese raters rated these video segments with translated transcripts. After considering rating correctness, seven of these video segments were sent to Duksung Women’s University in Korea for the purpose of future collaborative research. The ratings by the Japanese raters were analyzed, and open-ended questions asking for what the raters referred to during the ratings were studied. The correctness of ratings shown in percentages were 100% for Very Low, 87.5% for Low, 75% for Middle, 87.5% for High, and 100% for Very High. Moreover, it was found that raters also considered non-verbal expressions such as pauses, facial expressions, tone of voice, and gestures for reference during the ratings. These non-verbal expressions may have contributed to the high levels of accuracy in the ratings. This paper proposes that some system of rating non-verbal expressions be developed for estimating levels of experiencing.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11327
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170318-07.pdf374.65 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP