関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11328

タイトル: 体験過程様式の推定に関する研究 : EXPチェックリストII ver.1.1 作成の試み
タイトル(その他言語/よみかな): Estimating the Modes of Experiencing: The Development of an EXP Checklist-II ver.1.1
著者名: 久保田, 恵実
池見, 陽
著者の別表記: KUBOTA, Megumi
IKEMI, Akira
キーワード: EXPチェックリスト
体験過程スケール
体験過程
フェルトセンス
EXP Scale
EXP Checklist
Experiencing
Felt Sense
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月18日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 7
開始ページ: 57
終了ページ: 66
抄録: 本研究は、クライエントの体験過程様式の簡便な推定や、臨床教育・傾聴トレーニングのために、EXPチェックリストII と評定用ビデオクリップを作成することを目的とした。三宅・池見・太田(2005)のEXPチェックリストに修正を加えたEXPチェックリストII を用いて、評定者たちは三宅・池見・田村(2007)の分類による体験過程様式の5段階を反映するように作成されたビデオクリップを評定した。その結果、信頼性は高く、Very Low,Middle,High の正答率も高かったが、Very High の正答率が低い結果となった。また、三宅・池見・太田(2005)が課題として記述していたMiddle の評定をめぐる難しさが確認された。設問項目の回答数を検討したところ、Middle の設問項目にあるフェルトセンスの有無を問う項目がMiddle 評定の決め手になっていた。研究2でMiddle のビデオクリップを、より明確にMiddle 段階を反映するように作成し直したところ、Middle の正答率は著しく向上した。このことは、EXP チェックリストの設問内容の改善よりも、各段階を明らかに反映しているビデオ教材の作成が課題であることを示している。今後は、EXPチェックリスト‒II の設問内容は一応の完成とみなし、より正確に体験過程様式の5段階を反映したビデオ教材の作成が課題であると考察した。
The objective of this study is to develop an EXP Checklist-II and sample rating video clips. This checklist enables estimating the modes of client experiencing and can be a useful tool in training for listening and psychotherapy. Using a revised version of Miyake’s EXP Checklist (2005), raters rated video clips representing the 5levels of experiencing as described by Miyake et al. (2007). High reliabilities were obtained. Raters tended to correctly rate Very Low, Middle, and High levels, but fewer correct ratings were obtained for Very High. These results support earlier findings by Miyake. An examination of Middle level ratings revealed that the item asking to identify if a felt sense was present was crucial to rate correctly. When the video clip for Middle was replaced in Study II, raters tended to rate correctly. This finding indicates that, for improving correct ratings, video clips that accurately reflect EXP levels are more important than the wordings of items in the EXP Checklist. Hence, this study proposes that the EXP Checklist II is in its finalized form and that future studies be directed to improving the quality of sample clips used for rating and for training to identify the modes of experiencing.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11328
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170318-08.pdf396.74 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP