関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11333

タイトル: ピアノ演奏における体験過程 : 曲理解の推進とフェルトセンス
タイトル(その他言語/よみかな): Experiencing in Piano Playing: How the Felt Sense Carries Forward the Understanding of a Music Piece
著者名: 山形, 碧子
著者の別表記: YAMAGATA, Midoriko
キーワード: 音楽
感情
フェルトセンス
体験過程
ピアニスト
Music
Emotion
Felt Sense
Experiencing
Pianist
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年3月18日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 7
開始ページ: 101
終了ページ: 110
抄録: ユージン・ジェンドリンは、まだ言葉になっていない漠然とした感じであるフェルトセンスに注目し、人間の生の感覚として刻一刻と変化し流動していく体験過程を提唱した。音楽心理学における研究は、従来、知覚や認知、感情の観点から研究がおこなわれてきたが、体験過程という視座からの研究は国内外でみられない。そこで、本研究ではピアニストの演奏過程において、体験過程がどのように生じているかを明らかにすることを目的とし、6名のピアニストが曲に取り組み始めてからコンサートで演奏するまでの体験過程についてインタビューを実施し、質的分析をおこなった。その結果、ピアニストの曲理解の過程が体験過程の視点から見出された。また、ピアニストの曲理解と演奏構築には、フェルトセンスが関わっていることが示唆された。
Eugene Gendlin coined the expression "felt sense" to articulate a vague pre-verbal sense and presented a view of experiencing as a fluid sense of life that changes from moment to moment. Although the psychology of music has conventionally taken up perception, cognition, and emotion, experiencing has never been addressed, both in Japan and internationally. The aim of this study is to elucidate how experiencing occurs when pianists play music pieces from the time when they engage in a new piece to the time when they perform the piece in a concert. Six pianists were interviewed, and the interviews were studied qualitatively. The experience of pianists in understanding music pieces from the viewpoint of experiencing was articulated. Furthermore, the involvement of the felt sense in understanding a music piece and in the development of how to perform the piece was articulated.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11333
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170318-13.pdf509.66 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP