関西大学学術リポジトリ >
0700 人権問題研究室 >
関西大学人権問題研究室紀要 >
関西大学人権問題研究室紀要-第74号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11340

タイトル: Williams症候群をともなう小児の教育的支援に向けた認知特性の検討
タイトル(その他言語/よみかな): Cognitive assessments for education on a child with Williams syndrome
著者名: 加戸, 陽子
窪田, 真理子
石原, 忍
眞田, 敏
著者の別表記: KADO, Yoko
KUBOTA, Mariko
ISHIHARA, Shinobu
SANADA, Satoshi
キーワード: Williams症候群
心理アセスメント
視覚認知
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年7月1日
出版者: 関西大学人権問題研究室
雑誌名: 関西大学人権問題研究室紀要
巻: 74
開始ページ: 19
終了ページ: 38
抄録: 本報告では視覚認知機能の特異性とそれに着目した支援が注目されるWilliams症候群をともなう小児を対象に、視覚認知評価を含めた各種心理検査を適用し、認知特性に関する詳細な検討を行った。その結果、言語的な概念理解や短期記憶、継次処理が良好であったが、ワーキングメモリー、プランニング、目と手の協応、視空間認知が不十分で、視覚情報が複雑で量が多い場合の認識に困難をともなうと考えられた。なお、視覚刺激の模写は困難とする先行研究の知見よりも良好な模写反応を認めたことから、 本症候群の認知的多様性が推測され、教育的支援の検討には認知特性の実態把握が重要であると考えられた。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/11340
ISSN: 09119507
書誌レコードID: AN10034786
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学人権問題研究室紀要-第74号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0700-20170701-02.pdf1.76 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP