関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会安全学部 >
社会安全学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/11400

タイトル: 懲罰的損害賠償の経済学的根拠 : リスクコントロール政策としての位置付けと論点の整理
タイトル(その他言語/よみかな): Economic Basis of Punitive Damages : Position as Risk Control Policy and the Point
著者名: 桑名, 謹三
著者の別表記: KUWANA, Kinzo
キーワード: 懲罰的損害賠償
経済学
リスクコントロール
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年7月7日
出版者: PL研究学会
雑誌名: 新PL研究
巻: 2
開始ページ: 11
終了ページ: 17
抄録: 懲罰的損害賠償とは,悪質な加害者に対して,当該行為によつて生じた被害者の損害額を超える損害賠償を命じるという英米法圏における制度である。この懲罰的損害賠償に加害者の「悪質さ」という主観的な根拠以外に客観的根拠があるのかを経済学を用いて分析を行なった。その結果,経済学における懲罰的損害賠償の根拠は,加害者の悪質さとは関係ないものであることが分かつた。その経済学的な根拠とリスクをコントロールする政策の基本的な考え方によつて,懲罰的損害賠償を分析。評価し,今後の日本において懲罰的損害賠償についてどのような議論を進めていけばよいのかを模索した。
資料種別: Journal Article
著作権等: 本文は、PL研究学会の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/11400
ISBN: 9784990909727
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:社会安全学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170707-00.pdf6.07 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP