関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床カウンセリングルーム紀要 >
関西大学心理臨床カウンセリングルーム紀要-第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4884

タイトル: エンカウンターグループの効果研究と今後の課題―メタ分析による研究の統合に向けて―
著者名: 押江, 隆
キーワード: エンカウンターグループ
効果研究
メタ分析
自己実現
自尊感情
論文発行年月日: 2011年3月
出版者: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床カウンセリングルーム
雑誌名: 関西大学心理臨床カウンセリングルーム紀要
巻: 2
開始ページ: 81
終了ページ: 90
抄録: 我が国ではエンカウンターグループ(EG) の効果研究がこれまで数多くなされている。本研究ではこれまでの効果研究の結果をメタ分析により統合し、EGが参加者の自己実現と自尊感情に有意な効果を有していることを示した(自己実現 r =.227,p<.001、自尊感情 r =.154,p<.001)。 EGの効果研究にメタ分析を適用する上で、各研究で使用されている尺度が極めて多様であること、研究者によって効果の解釈の仕方が異なることなどから、統計量の統合が困難であった。今後効果研究の知見を蓄積し、EGが一般的に何にどの程度の効果を有しているかを示すためには、あらゆるEGで共通に使用できる統合的な効果測定尺度を新たに作成する必要があることを論じた。また、統合的な尺度の作成にあたっては、各研究者に一定のグループ観を強制するようなものであってはならないこと、EGの効果研究においては質問紙調査やそのメタ分析の結果がすべてではなく、面接調査や事例研究を丁寧に行う必要があることなどを論じた。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4884
出現コレクション:関西大学心理臨床カウンセリングルーム紀要-第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20110325-11.pdf742.55 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP