Kansai University Repository >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
外国語学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6008

タイトル: 効果量と検定力分析入門―統計的検定を正しく使うために―
著者名: 水本, 篤
MIZUMOTO, Atsushi
竹内, 理
TAKEUCHI, Osamu
キーワード: 統計的検定
有意差
効果量
検定力
検定力分析
論文発行年月日: 2011年6月6日
出版者: 外国語教育メディア学会 関西支部メソドロジー研究部会
引用: 2010年度部会報告論集「より良い外国語教育のための方法」2011.06.06, pp. 47-73
抄録: 統計的検定は,標本から得たデータ分析結果を母集団にまで一般化させる目的で行われる。統計的検定では,サンプル・サイズ,有意水準,効果量,検定力の4つが検定結果の良し悪しを決定する重要な要素であるため,その基礎的概念の理解が検定を正しく使うためには重要である。そこで,本稿では,効果量と検定力分析の2つの概説を行い,統計的検定を用いている研究において,効果量報告と検定力分析の使用を推奨することを目的とする。
URI: http://hdl.handle.net/10112/6008
出現コレクション:外国語学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20110606-05.pdf858.36 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP