Kansai University Repository >
0030 科学研究費助成事業成果報告書 >
科研費-社会学部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6690

タイトル: 回収率の改善のための調査員の制御についての考察
著者名: 保田, 時男
著者の別表記: YASUDA, Tokio
論文発行年月日: 2005年3月31日
出版者: 同志社大学文学部
雑誌名: 現代日本におけるジェンダーと社会階層に関する総合研究 平成15年度~平成16年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)(1) 研究成果報告書(課題番号:15330112)
開始ページ: 319
終了ページ: 327
抄録: 社会調査の回収率の低下傾向は、近年非常に深刻な問題となっている。本稿は、回収率の改善のためには、調査員の行動の制御が最重要課題であることを確認し、その制御にあたって具体的ないくつかの論点について考察を行ったものである。調査員の制御が必要であることは、調査協力の概念枠組みから明らかである。さらに、調査会社に実査を委託する大規模調査の場合には、調査会社との協力に伴う制限に対してどのように対処するかを判断する必要があり、この課題への取り組みはさらに重要となる。「2003年仕事と暮らしに関する全国調査」の回収状況データの分析から具体的に、調査員の訪問パターンの制御(一時不在の決定のタイミング)という問題と、調査員の負担と回収状況の関連という問題を取り上げ、それぞれについてどのような改善案がありうるかを考察した。結論としては、調査会社との協力を前提とする限り、調査員の行動を直接的な制約により制御する方法を考えるよりは、間接的な方法で望ましい行動が取られる可能性を高める手段を講じる方が効果的であろうことを主張した。
資料種別: Research Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/6690
出現コレクション:科研費-社会学部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20050331-28.pdf5.4 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP