関西大学学術リポジトリ >
1300 国際部 >
国際部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6787

タイトル: 真偽疑問文(Yes-No Interrogative)が促す会話とは? -OPI形式の2者対面インタビューの場合-
著者名: 池田, 佳子
著者の別表記: IKEDA, Keiko
論文発行年月日: 2009年
出版者: カナダ日本語教育振興会
雑誌名: Journal CAJLE
巻: 10
開始ページ: 67
終了ページ: 88
抄録: 本研究では、日本語母語話者のOPI(口頭能力インタビュー)形式対面会話資料を対象とし、会話分析法を用いてインタビューイが産出する質問発話の構造分析、およびその質問発話に続く回答者と質問者のやりとりの展開について質的に考察する。本稿では特に真偽疑問文(Yes-No Interrogatives)を取り上げる。YNI は一般に単純な回答を引き出すのみであり、会話の展開への貢献度が低いとの理解があるが、本研究で考察したOPI談話資料では、YNI は自然会話の中で必ずしも非周辺的な役割に留まらず、むしろ会話の進行を促すこともあった。本稿はこのように会話展開に貢献するYNIの仕組みを微視的な分析によって明らかにしようとするものである。
資料種別: Journal Article
著作権等: (C) カナダ日本語教育振興会 このデータはカナダ日本語教育振興会の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/6787
ISSN: 14815168
出現コレクション:国際部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1300-20090000-04.pdf18.41 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP