Kansai University Repository >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究
Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
 >
東アジア文化交渉研究-Vol.6 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/7641

タイトル: 狩野探幽《雪中梅竹鳥図》における「折枝画」的性格について
タイトル(その他言語/よみかな): The Study about Elements of 'Sesshiga' in "Sechūbaichikuchōzu" by Kanō Tan'yū
著者名: 石田, 智子
ISHIDA, Tomoko
キーワード: 狩野探幽
名古屋城上洛殿障壁画
折枝画
花鳥障壁画
論文発行年月日: 2013年3月27日
出版者: 関西大学 大学院東アジア文化研究科
引用: 東アジア文化交渉研究, 第6号, 2013.03.27, pp.159-176
抄録: The paintings by Kanō Tan'yū in Jōrakuden of Nagoya Castle are referred as good examples that have the characters of the Kanō Tan'yūs style. They are also recognized as masterpiece in the Edo period. Therefore, this paintings are important in Japanese Art history. Of the paintings by Tan'yū of Nagoya Castle, "Sechūbaichikuchōzu" is the best example of Tan'yū style because it has much space in its background. In this thesis, I analysis this painting and "Sechūchikurinkyūjakuzu" which is the pair of it. Especially, I argue that Tan'yu used the composition of 'sessiga' which is painted in South Asia in this painting.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/7641
ISSN: 18827748
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-Vol.6

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130327-12.pdf2.39 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP