関西大学学術リポジトリ >
0900 大学院の研究プロジェクト >
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 >
文化財保存修復研究拠点 >
Semawy Menu-volume 3 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9405

タイトル: 水晶宮の中のエジプト : 19世紀イギリスにおけるエジプトイメージの形成
タイトル(その他言語/よみかな): Formation of the Image of Egypt in 19th Century Britain
著者名: 中澤, 務
著者の別表記: NAKAZAWA, Tsutomu
論文発行年月日: 2012年3月8日
出版者: 関西大学文化財保存修復研究拠点
雑誌名: Semawy Menu
巻: 3
開始ページ: 21
終了ページ: 30
抄録: In this essay I survey the historical process of the formation of the image of Egypt in 19th Century Britain. Following Foucault's and Said's of view, I analyze the following social phenomena in the 19th Cuntury : (1)The popular shows of Panorama and Diorama of Egypt, (2)The so-called "Egyptian Hall", (3)"The Great Exhibition of the Works of Industry of All Nations" in 1851, (4)The Importance of the "Crystal Palace," (5)Modern turism by Thomas Cook. In conclusion, I maintain that these social phenomena, which are deeply related to each other, created the modern image of Egypt.
この論文の目的は、19世紀イギリスにおけるエジプトイメージの形成のあり方を歴史的に分析し、その特徴を明らかにすることにある。そのために、ミシェル・フーコーとエドワード・サイードの視点に立ち、次のような19世紀イギリスにおける多様な文化的現象を分析した。(1)パノラマ、ディオラマなどの見世物文化において、エジプトがどのように描写されているか。(2)いわゆる「エジプシャン・ホール」がエジプトイメージの形成に果たした役割。(3)1851年のロンドン万博博覧会の近代的特徴と、異文化イメージの取り扱い。(4)万博会場である「水晶宮」の果たした歴史的役割。(5)トマス・マックによる近代ツーリズムが、エジプトイメージ形成に果たした役割。以上の分析を通して、これらの社会現象が互いに密接に影響を与え合うことによって、近代的なエジプトイメージが形成されていったことが明らかになった。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9405
書誌レコードID: AA12563866
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Semawy Menu-volume 3

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0900-20120308.-00pdf4.52 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP