関西大学学術リポジトリ >
0900 大学院の研究プロジェクト >
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 >
文化財保存修復研究拠点 >
Semawy Menu-volume 4 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9406

タイトル: 歴史記述とパラダイム : 『黒いアテナ』論争をめぐって
タイトル(その他言語/よみかな): Historical Description and Paradigm: An Examination of the Black Athena Debate
著者名: 中澤, 務
著者の別表記: NAKAZAWA, Tsutomu
論文発行年月日: 2013年3月4日
出版者: 関西大学文化財保存修復研究拠点
雑誌名: Semawy Menu
巻: 4
開始ページ: 105
終了ページ: 115
抄録: In this essay I discusss the academic debate called the Black Athena Debate. This debate was initiated by the publication of Martin Bernal's Black Athena in 1987. This book rejects the orthodox model that Aryans founded ancient Greek civilization and proposes a new model. Bernal agrgues that the orthodox model had been formulated through the many prejudices of modern Europe. I examine the debate in detail and conclude that Bernal's model has as many flaws and problems as his rival's model making both models untenable. However, Bernal's contention that the images of ancient civilization have been biased by many prejucices of modern Europe is Basically correct.
この論文では、古代文明に対する歴史的なイメージ形成の問題の一環として、20世紀後半から繰り広げられている、いわゆる「『黒いアテナ』戦争」を追い、その意義を考察する。1987年に刊行が開始されたマーティン・バナールの『黒いアテナ』は、古代ギリシア文明の成立に関する学会の定説を覆し、その源泉は古代エジプトにあったとする新しいモデルを提示するだけでなく、現代の学説が信奉するモデルが、ヨーロッパの近代化の中でのアフリカや中近東地域に対する様々な偏見に基づくバイアスによって捏造されたものであると主張した。このバーナルの主張をめぐって、その妥協性を否定しようとする批判的議論が沸き起こった。たしかに、バナールの提示するモデルにも多くの問題があり、モデルをめぐる問題には決着が付けられない。しかし、この論争が持つ意義は、むしろ、過去の文明に対するイメージがいかに時代のバイアスを受けながら成立するかを浮き彫りにしたところにあり、この点にこそ、この論争の真の意義がある。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9406
書誌レコードID: AA12563866
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Semawy Menu-volume 4

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0900-20130304-00.pdf1.39 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP