関西大学学術リポジトリ >
0900 大学院の研究プロジェクト >
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 >
国際文化財・文化研究センター >
The Journal of Center for the Global Study of Cultural Heritage and Culture-Volume1 (2013) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9408

タイトル: エジプト・ギリシア・近代ヨーロッパ : 『黒いアテナ』論争のこれから
タイトル(その他言語/よみかな): Egypt, Greece and Modern Europe: New Possibilities of the Black Athena Debate
著者名: 中澤, 務
著者の別表記: NAKAZAWA, Tsutomu
論文発行年月日: 2014年3月24日
出版者: 関西大学国際文化財・文化研究センター
出版者の別表記: Center for the Global Study of Cultural Heritage and Culture, Kansai University.
雑誌名: The Journal of Center for the Global Study of Cultural Heritage and Culture
巻: 1
開始ページ: 125
終了ページ: 133
抄録: In this essay I further discuss the 'Black Athena Debate' which has been carried on since the publication of Martin Bernal's first volume of Black Ahena (1987). This debate is mainly concerned with problems formation in 19th century Europe regarding ancient Greek civilization and th influence of Egypt and the Near East. To investigate new possivilities in this debate, I discuss a new study, the African Athena: New Agendas (2011), and examine new points of view developed in this book that show how history has been revised to ignore African (and Semitic) contributions to Greek culture.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9408
書誌レコードID: AA12675495
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:The Journal of Center for the Global Study of Cultural Heritage and Culture-Volume1 (2013)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0900-20140324-00.pdf1.09 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP