関西大学学術リポジトリ >

ブラウズ : 著者 TANAKA, Toshiya

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 20 / 57
 次ページ >
発行日タイトル著者
2008年6月30日2章 概念獲得と概念変化田中, 俊也
1984年5月A comparison of information-searching activities before and after hypothesis formationTANAKA, Toshiya
2004年9月Toward a Methodology of Formative Experiments.田中, 俊也; Engeström, Yrjö
1977年10月Watsonismに於ける「意識」の位置について田中, 俊也
1994年4月1日アメリカのミドルスクールにおけるコンピュータ教育事情田中, 俊也
2005年3月アメリカの高等教育におけるe-ラーニングと遠隔学習 ―カーネギーメロン大学西海岸校,スタンフォード大学の実践から学ぶ―田中, 俊也
2010年3月31日サイモンの「限定合理性」の持つ意味と意義田中, 俊也; 北野, 朋子
1982年7月ターゲット探索時の情報探索方略田中, 俊也
1995年3月ドイツの学校教育と教師たち田中, 俊也
1987年12月マイクロ・コンピュータによる指導様式の診断 ―CAGの論理と実際―梶田, 正巳; 石田, 勢津子; 田中, 俊也
1986年12月マイコンを使った学習様式の診断梶田, 正巳; 石田, 勢津子; 田中, 俊也; 神谷, 俊次
2013年3月28日ライティングの力を構成するさまざまな能力田中, 俊也; 砂山, 琴美
2007年9月3日ロボットの振る舞いと知性・性格の印象の関係高吉, 幸治; 田中, 俊也
1993年12月中学生の親族呼称の認知田中, 俊也; 杉村, 伸一郎; 大野木, 裕明
1980年10月事例呈示様式が概念獲得の過程に及ぼす影響について Ⅰ問題・目的と方法田中, 俊也; 小田, 侯朗
1980年10月事例呈示様式が概念獲得の過程に及ぼす影響について Ⅱ結果と考察小田, 侯朗; 田中, 俊也
1979年9月仮説の論理性と確認頻度が仮説強度に及ぼす影響について田中, 俊也
2008年3月31日「分かる」授業の探求田中, 俊也; 秋田, 知洋; 中村, 康高; 前田, 智香子; 高吉, 幸治; 藤原, 梓
2007年3月15日初年次導入教育テクスト『知のナヴィゲーター』作成の試み : 文学部のスタディ・スキルズ養成授業にもとづいて品川, 哲彦; 田中, 俊也; 中澤, 務; 本村, 康哲; 森, 貴史; 森部, 豊; 渡邊, 智山
2016年3月31日初年次教育での学習活動における学びと評価をめぐる教授・学習論的検討山田, 嘉徳; 岩﨑, 千晶; 森, 朋子; 田中, 俊也
検索結果表示: 1 - 20 / 57
 次ページ >

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP