関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10014

タイトル: 日本美術に対する二つの感受性 ―矢代幸雄と源豊宗―
タイトル(その他言語/よみかな): Two Sensibilities of Japanese Art ―Focusing on Yukio Yashiro and Hoshu Minamoto’s Theories of “Refined Sentimentality”―
著者名: 施, 燕
著者の別表記: SHI, Yan
キーワード: 源豊宗
「情趣性」
「秋草の美学」
矢代幸雄
「感傷性」
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年11月1日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 5
開始ページ: 3
終了ページ: 20
抄録: There are few generally accepted theories that describe the essence of Japanese art even though it has been discussed academically since the end of the 19th century. One of these theories, which describes the essence of Japanese art as “refined sentimentality”, was proposed by the Japanese art historian Hoshu Minamoto (1895-2001). Minamoto is most well known for suggesting “The aesthetics of autumn flowers” (The aesthetics of Akigusa), as a symbol of Japanese art. Yukio Yashiro (1890-1975), another representative Japanese art historian, concluded four concepts for characterising Japanese art. One of these was the idea of “refined sentimentality”, which Yashiro thought of as being the most important. This article will examine the similarities and differences between the theories of refined sentimentality formulated by Yashiro and Minamot o. These two differeing views will be considered alongside an elucidation of the theory of “the aesthetics of autumn flowers”.
内容記述: 東アジアの言語と表象
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10014
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20151101-01.pdf629.88 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP