関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10028

タイトル: 吐蕃王国における多羅信仰の展開
タイトル(その他言語/よみかな): Development of the Goddess Tārā in the Tufan Empire
著者名: 索南, 卓瑪
著者の別表記: SUONAN, Zhuoma
キーワード: 吐蕃王国
チベット仏教
多羅信仰
伝来
流行
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年11月1日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 5
開始ページ: 263
終了ページ: 275
抄録: Tāra (Sanskrit: तार, tārā; Tib. སྒྲོལ་མ) is one of the most popular goddesses of Ancient India. It is believed that she helps beings with the crossing of the sea of samsara. Ever since the introduction of Mahāyāna Buddhism into Tibet during the time of the Tufan Empire, Tāra has been an important object of worship in Tibetan Buddhism as well. In this paper, I first examine the way in which this goddess was treated and worshipped in India where these beliefs originally developed, and then I consider in which form and in what way these Tāra beliefs were introduced and how they developed during the period of the Tufan Empire in Tibet.
内容記述: 研究ノート
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10028
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20151101-15.pdf857.23 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP