関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
社会学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10156

タイトル: 3.11と知識の伝承
著者名: 斉藤, 了文
著者の別表記: SAITO, Norifumi
キーワード: 関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2014年9月1日
出版者: 体質研究会
雑誌名: 環境と健康
巻: 27
号: 3
開始ページ: 291
終了ページ: 303
抄録: 技術者の倫理として、人工物を媒介とした倫理を取り上げる。この枠組みの下で他の伝統的専門家と技術者を対比し、ものづくりをする人のリスクコミュニケーションを考える。そして、技術導入の一種である完成晶納入契約(ターンキー契約)のあり方や、9.11をきっかけとしたアメリカの対策義務(B.5.b)の日本での受け入れについて取り上げる。
内容記述: 特集/福島原発事故で工学倫理を考える
資料種別: Journal Article
著作権等: (C)公益財団法人体質研究会:このデータは公益財団法人体質研究会の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/10156
ISSN: 18804055
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:社会学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20140901-00.pdf1.54 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP