関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
法学部 >
關西大學法學論集 >
關西大學法學論集-第65巻 第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/10241

タイトル: [判例研究] 運転者がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら行なった被告人の了解および黙認行為が、危険運転致死傷罪の幇助にあたるとされた事例 : 最決平25年4月15日刑集67巻4号437頁
タイトル(その他言語/よみかな): Case Note: Zum Nicht-Hindern der Trunkenfahrt mit Todesfolge-eine Beihilfe zur Verkehrsgefährdung mit Todesfolge?
著者名: 山下, 裕樹
著者の別表記: YAMASHITA, Hiroyuki
キーワード: 関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年3月11日
出版者: 關西大學法學會
雑誌名: 關西大學法學論集
巻: 65
号: 6
開始ページ: 177
終了ページ: 197
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/10241
ISSN: 0437648X
書誌レコードID: AN00047180
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學法學論集-第65巻 第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20160311-05.pdf746.12 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP